お仕立てのコース

裏地のつけ方、使用する芯など、見えない部分へのこだわり、職人の技術により、

生地との相性も合わせて3つのコースをご案内しております。

IMG_0016.jpg

BASIC COURSE

鞄を持たない人にとって、

紳士物のジャケットは非常に機能的な

作りになっています。
ペンや財布などの身の回りの物は、

外側のポケットではなく内側のポケットに

入れることで、シルエットを崩すのを

防いでくれます。

柔らかくて軽い芯地を使用

​しているため着やすく、

もっともオーソドックスで

ポピュラーなコースとなります。

ITALIAN COURSE

[角台場仕立て]

 

内ポケットの部分まで表地をつけた仕立で、

物を入れたときのスーツへの

負担を軽減してくれます。

 

東京湾に突き出した

お台場に形が似ていることから、

このような名前になったとされています。

 

また、芯地には馬のたてがみを使った

​耐久性のある毛芯を使用しています。

高級感がありながら柔らかくしなやかな

イタリア系の表地には

こちらのコースがオススメです。

IMG_0015.jpg
IMG_0014.jpg

BRITISH COURSE

[R台場仕立て]

 

内ポケットの部分まで表地をつけた仕立で、物を入れた際のスーツへの

負担を軽減してくれます。

 

こちらは一枚裁ちの仕立なので、

より高度な技術を要求されます。

また見た目の高級感も一層引き立ちます。

芯は、馬のたてがみを使った毛芯の中でも

​特に厚みのあるものを使用しています。

しっかりとした風合いの

イギリス系の表地には

こちらのコースがオススメです。

仕立館ロゴwhite.gif

11:00〜19:00 OPEN 水曜定休

0120-72-2901

神奈川県川崎市中原区小杉町3-4-3メゾンプレール1F

​東急武蔵小杉駅から徒歩4分   MAP▶︎

© 2020 SHITATEKAN